わき脱毛の方法はいろいろ!メリットとデメリットを比較する

脇脱毛を受ける女性

 

わき脱毛といっても、医療機関で行う高価なものから、自宅で手軽に行える安価なものまでさまざまな方法があります。

 

効果についても永続的なものもあれば、あくまでも一時的にすぎないものもあります。

 

わき脱毛の方法について、メリットとデメリットを比較してみましょう。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

医療機関での針脱毛

針脱毛とはわきの下の毛根に針を入れ、1つずつ電気で焼いていくというものです。

 

医療機関でしか行うことはできませんが、それだけに効果は抜群なことが最大のメリットです。施術完了後にわき毛が生えてくることは、まずないでしょう。

 

デメリットは電気を流す際に、どうしても痛みが発生してしまうことです。また、1本1本処理していきますので、施術に時間がかかってしまうのもデメリットでしょう。

 

保険が適用されませんので、両わきを完全に処理すると10万円ほどかかってしまいますが、効果の高さを考えると、デメリットかどうかは意見の分かれるところです。

 

医療機関でのレーザー脱毛

こちらも医療機関でしか行うことはできません。レーザーの熱を毛根に当てることで、毛母細胞を焼いてしまうものです。

 

針脱毛に比べると若干劣るようですが、基本的に効果は永続的だといっていいでしょう。

 

針脱毛と比較すると、施術時間は大幅に短縮されるのもメリットでしょう。

 

デメリットは、毛の濃い部分では痛みを感じてしまうケースが多いことです。

 

コストは基本的に1万〜2万円、安いところだと5000円を切るケースもありますが、それでもわき脱毛法の中では高い部類に入ってしまいます。

 

エステでの光脱毛

光脱毛の機器を使用するためには医師免許は必要ありません。

 

エステで行われているのは、基本的にこの光脱毛だといっていいでしょう。毛根に特殊な光を当てることでタンパク質を変性させ、死滅させるというものです。

 

メリットは痛みがほとんどなく、体への負担が小さくなることです。大手エステの中には1000円を大きく切る価格設定をしているところもあり、コストを抑えられるのもメリットでしょう。

 

デメリットは上の2つに比べると効果が劣っていることで、「永久脱毛」をうたっていても完全とは言い難いようです。

 

また、効果が出るまでに回数が必要で、結果としてコストがかかってしまう可能性もあることです。

 

家庭用脱毛器

レーザー脱毛、光脱毛というと医療機関やエステでしかできないと思っている人もいるかもしれませんが、最近では家庭用のレーザー脱毛、光脱毛の機器も販売されています。

 

家庭用機器のメリットは、医療機関やエステに出かける必要がないことで、これによって好きな時間に施術を行うことができます。

 

仕事や子育てが多忙で医療機関やエステに行く時間がないという人にはオススメだといえるでしょう。

 

デメリットは、やはり家庭用ということで医療機関やエステの機器と比較して効果が劣るため、それなりの効果が出るまでに時間がかかってしまうということです。

 

永続性という点でも、医療機関やエステほどには期待できないでしょう。

 

また、初期投資として数万円の機器購入費用が必要な上、消耗品の交換などのランニングコストがかかってしまうのもデメリットといっていいでしょう。

 

除毛クリーム

わきの下などに塗布することによって毛の表面を溶かしてしまうクリームです。

 

初期投資は3000円未満と、家庭用脱毛器と比較すると高くないのがメリットです。

 

刃物を使用しませんので痛みが全くなく、体への負担がかからないのもメリットといっていいでしょう。

 

デメリットは永続性がないことで、こまめな手入れが必要になってきます。臭いが気に入らないという人もいるかもしれません。

 

また、体質によってはわきの下がかぶれてしまう可能性があるので、肌が弱い人は気を付けた方がいいでしょう。

 

カミソリ

電気式と手動式があります。電気式は剃りすぎて皮膚を傷めてしまわないように工夫がされていますので、肌荒れになりにくいことがメリットですが、初期費用が数千円かかってしまいます。

 

手動式は初期費用が安いのですが、剃りすぎになって肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

こちらも永続性は全くありませんので、こまめな手入れが必要になってきます。

 

特に手動式の場合は肌に優しいとはいえない上に、技量によってはけがをしてしまうこともあり得ます。

 

毛抜き

メリットはなんといっても安いことでしょう。道具を調達するために数百円ですむのですから、とにかくコストを節約したいという人にとってはピッタリだといえるでしょう。

 

ただ、痛みが生じる、効果も永続的ではない、毛穴が広がって目立ってしまうなどデメリットも多くなっています。

 

無理に抜くことで炎症を起こしてしまう可能性があるのも、デメリットといっていいのではないでしょうか。コスト面以外では、あまりオススメできません。

 

わき脱毛の主な方法は上記の通りで、比較してみるといずれも一長一短です。

 

永続性、肌への負担、コストなどを総合的に判断した上で、自分に合った方法を選択しましょう。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!