脇汗を止める薬ってあるの?塗り薬と内服薬で脇汗予防

脇に汗ジミを作っている女性

 

脇汗を止める薬は、脇汗の悩みで病院を受診した際に薬物療法で処方されます。

 

最近ではネット通販などで手に入ることもあるらしいのですが、一応薬なので医師の判断のもとの処方のほうが安心だと思います。

 

脇汗を止める薬には、塗り薬と内服薬があります。

 

どのような特徴があって、副作用などはどのようなことが起きるのかなどを説明していきます。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

脇汗を止めるならばプロバンサイン

脇汗の悩みがある人ならば聞いたことがある薬だと思います。この薬は脇汗を止める内服薬です。

 

病院などで特に多汗症の治療で処方される薬です。この薬がどのようなものなのか紹介します。

 

プロバンサインの効果

この脇汗を止める薬の効果は物凄く高いです。この薬の効果は脇を止めることができる抗コリン薬の働きがあります。

 

アセチルコリンと呼ばれる物質が脇汗の発汗を促しているので、この薬でこの物質の働きを抑制します。

 

この薬を飲んだだけで脇汗がピタっと止まるのは汗を出すという命令をブロックしているからなのです。

 

プロバンサインの副作用

この薬には副作用があることでも有名です。この薬の代表的な副作用を3つ紹介します。

 

1.口の渇き

この脇汗の薬を飲んで一番多い副作用は口の渇きです。薬を内服することで唾液の量が一気に減ってしまって口の中が乾くのです。

 

症状がひどくなると、食事がしずらくなったり、声がかれてしまったり、喉が痛くなったりもあるようです。

 

口が渇いているというのは脇汗が抑えられているということにもなります。こまめに水分補給をしていくことが大切です。

 

2.目の渇き

目が乾くことがあるので車の運転などに注意が必要です。目薬などで対策をしていきましょう。

 

3.顔の火照り

薬を飲むことで顔がほてることがあります。これは脇汗を止めたことによって体温調節が上手に出来なくなってしまっているからです。熱中症などにはいつも以上の注意が必要です。

 

このプロバンサインという薬は脇汗だけではなくて全身の多汗症に良い薬なんだと思います。効果は抜群ですが、副作用もあるんです。

 

塗り薬なら塩化アルミニウム

脇汗が気になるならば脇汗にのみ塗って対策することができる薬です。

 

脇汗をしっかりと止めることができます。塗り薬で脇汗を止めることができるというのは手軽で良いですよね。

 

塩化アルミニウムの効果

塩化アルミニウムは汗と反応して結晶化することで汗腺に蓋をします。

 

この薬はほとんどの人に効果がみられると言われています。この薬は使い方の濃度によって効果や肌への影響が変わってきます。

 

初めて使う人はなるべく低い濃度から使うようにしましょう。なぜならば、とても刺激の強い塗り薬だからです。

 

塩化アルミニウムの副作用

この薬は肌への刺激が強いことで知られています。人によって使用の際に、かゆみや湿疹などの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

 

この原因は塩化アルミニウムの濃度が高かったり、もともと皮膚が弱いことが原因となります。

 

肌トラブルが起きる場合は濃度を低くしたり、使用をストップする必要があります。

 

薬に変わる脇汗を止めるデオドラント

脇汗を止めるために病院を受診して薬を処方してもらうというのも良いのですが、それが面倒だという人もいます。

 

病院には行きたくないという人もいます。そんな人には脇汗を止める効果の高いデオドラント用品をおすすめします。

 

例えば「デトランスα」です。この制汗剤には塩化アルミニウムが含まれています。

 

塩化アルミニウムを塗るよりも刺激は弱くなりますし、極力肌に優しくなるように作られているそうです。

 

効果も長時間継続するのと、使い続けることで持続時間が長くなっていくようです。デトランスαはネット通販で購入できます。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!