ピンチの時に効果絶大!?脇汗を抑えるツボとは

足つぼを押されている

 

大事な場面の時ほど脇汗が止まらなくなった経験、ありませんか?

 

集中しなきゃいけないのに脇汗が気になってそれどころではなくなります。

 

こんな時に脇汗を抑えるツボを知っていれば、このピンチを切り抜けられるのですが...

 

今回は脇汗を抑える効果のあるツボを紹介します。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

手にある脇汗を抑えるツボとは?

まずは簡単に押せる、手の周辺にあるツボを紹介していきましょう。

 

後谿(こけい・こうけい)

小指の外側、指先から3番目の関節の上にあるツボです。

 

手を握ってグーの形を作ると小指の外側にシワができますよね。この時、手相の感情線がしわになる部分が後谿のツボです。

 

身体の熱を鎮める効果のあるツボなので、緊張時の体温上昇を抑えることで脇汗を防いでくれます。

 

他にも肺炎やリウマチのほか精神疾患に対しても有効とされているので、ここを押せばリラックスしてさらに汗も出にくくなることも。

 

この後谿のツボを押す際は、反対の手の親指で環状線の端をぐっと押し込むように、指の方向に向かって押し上げていきましょう。

 

陰げき(いんげき)

 

手のひらを上に向けた時、手首のつけ根(小指側)から指1本分、肘に向かったところにあるツボです。

 

身体の余分な熱を取る働きがあり、後谿と同じく緊張時の体温上昇を抑えることができます。

 

他にも狭心症や息切れ、動悸などにも効果があるので、極度に緊張した状態の体にはうってつけのツボです。

 

このツボを押す際は、脈拍を測る時のように、反対側の手の親指と他の4本の指で手首をつかみ、親指の腹を使って揉み押していきます。

 

合谷(ごうこく)

 

手を横から見た時、親指と人差し指の骨のつなぎ目の特に人差し指よりのくぼみにあるツボです。

 

身体の水分量や熱を調節するツボで、やっぱり緊張時の発汗を抑えてくれます。

 

脇汗の防止以外にも万能のツボとして知られていて、頭痛・鼻炎・腹痛・便秘・生理痛などにも効果があり、女性の方に優しいツボですね。

 

このツボを押す際は、反対側の手の親指で3秒間、小さな円を描くように押していきます。3秒押して3秒離す、これを10~20回ほど繰り返すと次第に効果が表れてくるでしょう。
といった感じです。どれも体温を調節し緊張を和らげることで脇汗を抑えてくれます。ツボを押していても他人に気づかれにくいというのもうれしいポイントですね。

 

体にある脇汗を抑えるツボ

ですが汗を抑えるという目的に絞れば、もっと効果のあるツボがあります。

 

屋翳(おくえい)

乳首から3~5pほど上の部分にあるツボです。

 

顔や脇など、上半身の汗を抑えるのに有効ほか、バストアップ効果もあるといわれています。

 

押し方も簡単で、先ほど説明した場所(乳首から3~5pほど上)を指で3分ほど抑えるだけで効果が期待できます。

 

大包(だいほう)

脇の真ん中から下あたりにあるツボです。場所が場所だけに特に脇の汗を抑える効果があります。

 

腕を組むような感じで両腕を交差させると、そのまま4本指でこの大包のツボを押すことができます。

 

さらにその時に親指が余るので、屋翳を推すこともできるのでとても便利です。

 

皆さんは京都へ行ったことがありますか?京都の舞妓さんは暑い日でも汗をほとんど書きません。汗をかいてしまうと白化粧が落ちてしまいますからね。

 

ですがあれはただ我慢をしているというだけではなく、着物の帯をきつくして締めてこれらのツボを押しているから汗が抑えられているのです。

 

特に上半身の汗を止めるツボは脇の下から胴回りにかけて存在していることが多いので、そこを圧迫すれば汗が出にくくなります。

 

手にあるツボと違って人前では堂々と押しにくいかもしれないので、なるべく事前に時間を取って対策しておくことがおすすめです。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!