多汗症の原因と漢方による治療法と効果的な漢方薬5選

漢方薬

 

多汗症の原因はさまざまなものがあります。そしてこの現代社会の中で多汗症の悩みがある人はたくさんいます。

 

多汗症は男性や女性に限りなく発症します。多汗症という症状があることで仕事や人間関係などで生活に支障が出てしまうこともあるようです。

 

多汗症は汗をたくさんかくだけではなくて、汗の臭いの悩みも起こることがあります。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

多汗症の原因と漢方薬

多汗症は汗の臭いのわきがも併発してしまうことがあります。最近では「スメルハラスメント」という言葉があるくらいですから、臭いの悩みというのも辛いものです。

 

多汗症の原因はさまざまで精神的なことが影響して起こる場合もあれば、ホルモンバランスの乱れから起こと場合もあります。

 

体の代謝の機能に障害があって病気が原因で起こることもあります。なので汗が通常の量よりも明らかに多い場合や気になる場合はまずは医療機関を受診することをおすすめします。

 

体の病気が原因だったら大変なことになりますからね。多汗症を治していくためには、原因を探していくことも大切です。

 

制汗剤や消臭効果の高いデオドラント用品などもありますが、あれは症状を抑えるものであって改善していくものではありません。

 

多汗症の漢方薬での治療

多汗症の治療で漢方薬を使ったものがあります。漢方を使った治療というのは多汗症に限ったことではなく、さまざまな治療などで使われています。

 

漢方の昔のイメージは効果がなくて、気休めみたいなもののような扱いでしたが、最近では漢方に対する正しい知識が世の中に広まりました。

 

それは、漢方は正しい使い方をすればとても効果の高いものでじんわりと効果が出て効いていくということです。多汗症は漢方で治療して改善していくことが可能です。

 

漢方や西洋薬と違って、ソフトに体を健康体にしていく体に優しいものです。

 

体に優しいのにしっかりと薬剤師に処方されたものならば、とても高い効果があらわれます。

 

ただし、副作用が全くないとは言い切れないので自分に合う漢方を見つけることが大切です。

 

漢方は自分で判断して使うのではなく、医師や薬剤師の判断で使用しましょう。

 

多汗症に効果のある漢方

多汗症に効果のある漢方は一つだけではなくて、何種類か当てはまるものがあります。

 

自分に合うものを見つけるのが改善への道となります。

 

1.柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

この漢方は体のほてりや緊張が原因の多汗症に効果的です。ホルモン状態の崩れからの多汗症でも使用されることのある漢方です。

 

貧血などの症状がある場合も血行をよくして症状を改善します。

 

2.柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

この漢方は緊張して汗がどっと出てしまうタイプの人におすすめです。あがり症などの精神的なことが原因の多汗症です。

 

この漢方は体力のある胃腸が丈夫なタイプの人が使います。

 

3.黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

この漢方は血液が高くて、体温が高いのぼせる感覚がある人に使います。

 

多汗症だけではなくて、頭痛やストレスの緩和にも使われます。

 

副作用で吐き気や発疹が出る場合があって、副作用が出た場合は使用を止めて医師に相談しましょう。

 

4.十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

この漢方は病後などの回復作用があります。多汗症に直接影響するものではなりませんが、多汗症の原因によって使われます。

 

5.八味地黄丸(はちみじおうがん)

この漢方は体の全体的な調子を整える漢方です。体のバランスを整えることで多汗症を改善していきます。

 

漢方の効果のあらわれかた

多汗症というのは原因がさまざまなので、これを飲んだらすぐに治るということではありません。

 

体質も効果のあらわれ方にも個人差があるので、自分にぴったりと合う漢方を見つけることが大切です。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!