多汗症による脇の黄ばみは何が原因で起こるの?

脇の下の黄ばみを気にする女性

 

多汗症の人が気にしていることは衣服に汗ジミができしまうことと、汗によって衣服の脇の部分に黄色いシミができてしまうことです。

 

脇の黄ばみといえばワキガ体質の人の特徴としてよく知られていますが、なぜ多汗症の場合にもこうしたことが起こってしまうのでしょうか。

 

多汗症の人の服が黄ばんでしまうメカニズムについて説明していきましょう。

 

【朗報】しっかりと脇汗を抑えるための3つの方法とおすすめ脇汗クリームBEST5とは?

 

多汗症が原因で脇が黄ばむ原因その1:制汗剤

 

脇の下は多汗症の人でなくても汗をかきやすい場所です。

 

多汗症の人は脇汗の量も増えてしまいますので、服に汗がしみこんでシミにならないようにするため、制汗剤を使用していることが多いのではないでしょうか。

 

ところが、その制汗剤が問題なのです。

 

制汗剤には汗を止めてしまう効果だけではなく、汗に由来する臭いを抑える効果もあるのです。

 

誤解している人も多いかもしれませんが、そもそも汗には臭いの原因となる物質は含まれていません。

 

汗と角質のタンパク質によって細菌が繁殖し、その分泌物によって臭いが生じているのです。

 

上で「汗に由来する臭い」と書いたのはこのためです。

 

臭いを抑えるためには原因である細菌を抑える必要がありますので、制汗剤には細菌を駆除し、分解するための化学物質も含まれているのです。

 

問題は、この細菌を分解してできた成分が、汗や皮脂と一緒に服に付着してしまうことです。

 

この成分が黄ばみの原因になっているのです。この成分は化学物質によって作られているため粒子が細かく、洗濯をしても落ちにくいという特徴があります。

 

脇の下の黄ばみが洗濯しても取れないというケースでは、制汗剤が原因となっているケースを疑った方がいいでしょう。

 

この黄ばみについては「相性」のようなものがあります。ある制汗剤が黄ばみの原因になったからといって、別の制汗剤でもそうなるとは限らないのです。

 

また、他人が使用して黄ばみができなかった制汗剤でも、自分が使用すると黄ばみの原因になるケースもあります。

 

いずれにしても黄ばみができないようにするためには、制汗剤を変える必要があるのです。

 

多汗症が原因で脇が黄ばむ原因その2:汗に含まれる鉄分

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類がありますが、多汗症に関係しているのはエクリン腺の方です。

 

エクリン腺からの汗は体温を下げるために分泌されるためのもので、成分はほぼ水分と塩分からなっています。

 

ただ、エクリン腺の汗に鉄をはじめとするミネラルなど、血漿の成分が入り込んでしまうことがあります。

 

このミネラルのうち鉄分が衣服に付着することにより、黄ばみになってしまうのです。

 

汗に血漿の成分が入り込んでしまう原因としては、2つが考えられます。

 

ひとつはクーラーの効いた部屋に閉じこもっているなどの理由で汗腺の機能が低下してしまっているケースで、機能の低下によって血漿の成分を分離することができず、汗に入り込んでしまうというわけです。

 

もうひとつはストレスなどが原因となる精神的発汗です。この場合は大量の汗が一気に出ることもあり、汗腺での処理が間に合わず、血漿の成分が入り込んでしまうというわけです。

 

多汗症の場合は涼しいところにいても汗が出ますので、黄ばみの原因となる血漿成分が入り込む原因は後者だと考えていいでしょう。

 

黄ばみを防ぐためには、精神的発汗を抑える必要があります。

 

発汗の原因となるストレスを取り除いてやることが必要になってくるのですが、メンタルの問題はデリケートです。

 

心療内科を受診するか、カウンセリングを受けるなど、プロの力を借りるのがいいでしょう。

 

ワキガの黄ばみとの違い

こうした黄ばみができると心配になるのが「自分はワキガなのではないか」ということです。

 

ただ、上記の黄ばみと、アポクリン腺からの汗が多いことによって起きるワキガの黄ばみには相違点がありますので、黄ばみの原因が何なのかはある程度特定が可能になっています。

 

まず、黄ばみの形状です。エクリン腺の汗が原因で起きる黄ばみは、黄ばんでいない部分との境界がぼんやりとしています。

 

これに対してワキガや制汗剤が原因で起きる黄ばみは、比較的境界がはっきりとしています。

 

この形状によって、ワキガかそうでないかはある程度判別できるというわけです。

 

もうひとつは、洗濯によって落ちやすいか、そうでないかです。

 

ワキガの黄ばみは、アポクリン腺から分泌される汗に含まれているリポフスチンという色素によるものです。

 

この色素は化学成分ではありませんので、重曹を入れて洗濯することで比較的容易に落とせるという特徴があります。

 

これに対し、制汗剤が原因の黄ばみは上にも書きましたように、洗濯をしてもなかなか落ちてくれません。

 

この違いによって原因がワキガによるものか、違う原因なのかについて、ある程度特定できるというわけです。

 

多汗症の人の脇の黄ばみの原因は、上にも書きましたようにワキガのそれとは異なっています。

 

ただ、ワキガ体質の人が多汗症になっているケースもありますので、上記の判別法で黄ばみの原因を突き止めてみるのもいいかもしれません。

 

【朗報】しっかりと脇汗を抑えるための3つの方法とおすすめ脇汗クリームBEST5とは?