脇汗手術で起こりうる副作用とは?傷跡やワキガのリスクも?

手術器具を手に取る

 

ワキガや多汗症などの脇汗に関する治療法はさまざまなものがあります。

 

手軽なものだと薬物療法です、身体に負担が大きくなるものになると手術という選択肢があります。

 

脇汗に関する悩みを完全に完治して改善していくためには汗腺を除去する必要があります。

 

そうなると手術が必要になりますね。脇汗の手術で起こる可能性のある副作用について紹介していきます。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

手術後に傷跡が残ることも

脇汗に関する手術の方法はさまざまなものがあります。

 

手術の中で一番効果が高いものとなるのが脇の下にメスを入れて切開をして、皮膚を裏返して直接目で確認しながら汗腺を取り除いていく方法です。

 

この方法の手術は目立つ傷跡が脇の下に残ってしまいます。切開するのは通常4.5センチ程です。

 

けっこう大きな傷跡になってしまうのです。傷跡が残らない手術の方法というのもあるのですが、直接目で確認せずに汗腺を取り除いていく方法なので汗腺の取り残しなどが多くなてしまうというデメリットもあります。

 

傷跡が残るというのは副作用ではありませんが、脇汗の手術のデメリットとも言えます。

 

ワキガなどの臭いが消えなかったり強くなったり

手術の方法によっては汗腺の取り残しが起こってしまってワキガの臭いなどが消えない場合があります。

 

脇汗の悩みの多汗症の場合も汗が抑えられないということが起きる場合があります。

 

せっかく高いお金を出して手術をしているのに効果が出ないということがあるのです。

 

そして副作用のようなものとして、手術後に臭いが強くなったり汗が多くなったりすることがあるようです。

 

これは何が原因で起きているのかは解明されていませんが、手術を受けた人の間でこういう意見が多いことは事実です。

 

脇汗の手術を受けて症状をなくそうとしたのに、症状が強くなってしまうのは副作用みたいなものですよね。

 

脇毛が生えなくなる

脇汗の手術によるこの副作用は女性にとっては嬉しいものだと思いますが、男性にとっては抵抗がある場合もあります。

 

脇汗の手術をすることで汗腺と一緒に毛根も取り除いてしまうので脇毛が生えてこなくなってしまうのです。

 

人によっては永久脱毛に行ったようにツルツルになって生えてこなくなるそうです。

 

汗の量が増える

脇汗の手術をしたことで全身の他の部分の汗が増えるという副作用が起きることも多いいんだそうです。

 

手術を受けたことで脇下の汗腺はなくなります。今まで脇から発汗されていた汗は他の部分から発汗されるということになります。

 

これは代償性発汗という副作用の一つです。脇汗の手術で神経を傷つけてしまえば発汗の働きがくるってしまって他の部言から汗が大量に出てきてしまう体質になることもあります。

 

そうすると手汗や足汗、顔汗が増えてしまうのです。脇汗の手術をして脇汗が改善されたとしても副作用が出る事でこの症状とつきあっていくのはかなり大変です。

 

脇汗の手術のリスク

脇汗の手術を受けるのは副作用が起きるかもしれないというリスクがあります。

 

確かに脇汗の悩みが解消できることもありますが、万が一の場合もあります。そして脇汗の手術というのは、必ず成功するものとは言えません。

 

例えばワキガの症状で手術をしたとしたら、臭いが改善されないというケースがあります。

 

多汗症で脇汗の手術をしたとしたら、脇汗からの汗が抑えられたとしても他の部位からの汗の分泌が過剰に増えてしまう場合があります。

 

脇汗の手術を受けるときは、まず慎重に時間をかけて考える必要があります。

 

そして手術を受ける病院や手術方法についてしっかりと下調べをする必要があります。

 

手術を選択する前に

脇汗の悩みの場合や手術という選択をする前に生活習慣を改善してみたり、効果の高いデオドラント用品をためしてみたりなどをしてみるのが良いと思います。

 

それでも手術を望む時に本格的に手術を考えていきましょう。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!