脇汗予防にパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が効果あり!?

分子模型

 

脇汗対策のデオドラント剤などによく使われている成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛にはどういった効果があるのでしょうか。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の役割や効果などについてまとめています。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛とは!?

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、デオドラント製品に使われることの多い成分です。収れん作用があり、金属塩の一種です。

 

デオドラント剤の役割として期待されるものには、消臭効果や制汗効果、殺菌・抗菌効果などがありますが、パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗効果が期待される成分です。

 

収れん作用により、脇汗に悩む方やワキガ予防をしたい方に効果の見込める成分です。

 

汗を抑えるものを収れん剤と言い、クロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛などがデオドラント製品などによく使用されています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の働き

パラフェノールスルホン酸亜鉛は金属塩の一種で、収れん作用があります。

 

収れん作用は、身体の組織や血管を縮める作用のことを言い、タンパク質を変形させます。

 

肌には毛穴や汗腺が幾つも存在します。この毛穴や汗腺をタンパク質を変形させた皮膜で蓋をすることで、汗や皮脂の出る量を抑えます。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛などの含まれるデオドラント剤は、長く使い続けることで肌に馴染み汗の量を減らすことが出来ます。

 

わきがや脇汗などで悩んでいる方は汗を止めたいと思うかもしれませんが、パラフェノールスルホン酸亜鉛は余分な汗を減らす成分です。

 

汗は身体にとって必要な機能なので、汗を止めるよりも減らすことが大切です。

 

脇汗対策にパラフェノールスルホン酸亜鉛の効果とは!?

綺麗なわきの下の女性

 

効果の高いデオドラントに頻繁に使用されている成分、パラフェノールスルホン酸亜鉛の効果についてまとめています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は率直に言うと、制汗の効果があります。

 

収れん剤として汗の出所である汗腺に対して働きかけることで、制汗効果を発揮します。

 

また、脇汗だけでなく、ワキガでお悩みの方へも効果が望めます。ワキガの匂いは、表皮の常在菌がアポクリン汗腺からの汗を分解することによって発生します。

 

そのため、汗の分泌をコントロールすることでワキガの原因を根本から抑えることが可能になります。

 

脇汗の分泌を減らしたい方はもちろん、身体の汗の量を減らしたい方、ワキガに悩む方に欠かせない成分です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛が使われているデオドラントって?

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、幾つものデオドラント製品で使用されています。

 

例えば、ワキガ専用のクリーム剤であるクリアネオやノアンデ、デオプラスラボなどにも配合されています。

 

どの専用クリームも効果が高いと人気の商品になっています。

 

また、ワキガケアのデオドラント製品だけでなく、顔汗などの汗対策の商品にもパラフェノールスルホン酸亜鉛は含まれています。サラフェなどがあります。

 

その他にも、大抵のデオドラント製品にはパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。スプレータイプ、ロールオンタイプ、粉末状問わず制汗作用が期待されている成分です。

まとめ

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗を抑える作用があることから、ワキガや脇汗対策だけでなく顔汗や手汗、足の汗などの多汗症の悩みを持つ方にもおすすめの成分です。

 

汗の量が減少し、不快感を抑えることが出来ます。

 

使い続けることで肌に馴染むので、継続して使用することでより効果を感じられます。

 

脇汗予防にパラフェノールスルホン酸亜鉛は効果が見込めますし、脇汗以外の部分の制汗にも効果が期待出来ます。

 

以上のことから、パラフェノールスルホン酸亜鉛は脇汗予防商品には欠かせない成分と言えるのではないでしょうか。