洗濯では落ちにくい脇汗の黄ばみは漂白剤で対処する!

脇の下の汗ジミ

 

洗濯だけでは落ちにくい脇汗の黄ばみは、厄介に感じられることが多いですよね。

 

漂白剤を使って汚れを落とす人も多いかと思います。

 

そこでこの記事では、脇汗黄ばみの原因、台所用洗剤の活用、そして酸素系と塩素系の各漂白を使った黄ばみの落とし方について見ていきます。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

色々な原因で発生する脇汗の黄ばみ

脇汗の黄ばみは、様々な原因によって発生すると考えられています。

 

そのため、原因によっては、なかなか黄ばみが落ちにくくなるとも考えられているため、できるだけ黄ばみが生じないように選択の方法を工夫したり、こまめに選択を行ったりするなどして、あらかじめ脇汗の黄ばみに対策をすることが最も望ましいとされています。

 

最も多い原因としては、脇の汗腺の色素によるものです。エクリン腺という汗腺から出る物質には皮脂などが含まれていることから、黄ばみに直結しやすいものとして知られています。

 

また、汗腺機能が低下していたり、制汗剤をしばしば用いていたりしても黄ばみが出てくると考えられており、脇汗以外にも黄ばみの発生する可能性があると言えるでしょう。

 

まずは台所用洗剤を使ってみる

漂白剤は、脇背の黄ばみに最も効果を発揮するものとして知られていますが、それを使う前に台所洗剤を使ってみてはどうでしょうか。

 

台所用洗剤に黄ばんだ衣類を浸け込むことにより、黄ばみの汚れが浮き上がってくるため、その後漂白剤を使った際に汚れがしっかりと落ちる可能性が高くなると考えられています。

 

方法としては、汚れている部分に直接台所用洗剤をかけるだけで構いません。

 

台所用洗剤は油脂の汚れを洗い落とす効果があるため、漂白剤で衣類を漂白する前の段階で使うと効果的であると以前から考えられてきました。

 

そのため、台所用洗剤への浸け込みのワンクッションを設けることで、脇汗の汚れはより落ちやすくなっていくと思います。

 

酸素系漂白剤での黄ばみへの対処

漂白剤には、酸素系と塩素系の2種類が存在しますが、酸素系漂白剤は比較的使いやすく、脇汗の黄ばみを落とす際にはよく使用されています。

 

台所用洗剤を使って汚れがある程度浮き上がってきたら、酸素系の漂白剤を使用して黄ばみが高い確率で落とせるとされています。

 

酸素系漂白剤は、アルカリ性の性質を示しますが、この性質では汚れや油脂の成分を除去できる作用があります。

 

そのため、洗濯では落ちにくいとされる脇汗の黄ばみについても、効果的に落とせる可能性が高いと思います。

 

約50℃の湯に酸素系漂白剤を溶かして、そこに汚れている衣類を数時間浸け置きしておくと、多くの黄ばんだ衣類は元の状態に戻ります。

 

色の濃い衣服に関しては、色落ちする可能性があるため、薄い色の衣類を中心に、このような方法で漂白することが望ましいとされています。

 

塩素系漂白剤も脇汗の黄ばみに効果アリ

塩素系の漂白剤も、洗濯で落ちにくい頑固な脇汗の黄ばみによく利用されています。

 

酸素系漂白剤に比べると漂白の効果は非常に強く、大概の脇汗の黄ばみなどの汚れに対処することができます。

 

その一方で、塩素系漂白剤は作用が強力であるため、ワイシャツなどはこの漂白剤を使用することが不可である場合もあります。

 

衣服によっては穴が開くほどの強い作用を持っており、全ての材質の衣類を使用することができない点を留意することが必要です。

 

約40℃の湯に塩素系漂白剤を溶かし、汚れた衣類をそこに30〜40分浸け置きすると、ほとんどの黄ばんだ衣類は元の色に戻っていきます。

 

あまり高温のお湯に漂白剤を溶かしてしまうと、塩素の成分が飛んでしまうため、酸素系漂白剤より少しぬるめのお湯を使用することがベストでしょう。

 

この方法で酸素系漂白剤では落ちにくかった汚れも、確実に落とせると考えられています。

 

まとめ

洗濯では落ちにくい脇汗の黄ばみは、色々な要因によって発生します。

 

そのため、ものによっては黄ばみが簡単に落ちにくい可能性もあり、台所用洗剤で予め汚れを浮かせることは必須になると思います。

 

その作業をした後に、酸素系や塩素系の漂白剤を使用して、しっかりと汚れを落としてしまいましょう。

 

塩素系漂白剤については、浸け置きできる材質か確認して使用することがベストです。