突然、脇汗が増えた!原因は更年期のホットフラッシュかも?

脇汗を気にする更年期の女性

 

だらだらと止まらない脇汗。

 

汗ジミ・ワキガなどの原因となり、厄介な悩みですよね。

 

そんな脇汗の原因は遺伝や体質的なものでなく「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状かもしれません。

 

ホットフラッシュとは一体なんなのか。その原因や詳細についてみていきましょう。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

ホットフラッシュとは?

脇の下に汗ジミが出来ている女性

 

ホットフラッシュとは周りの環境や温度に関係なく、体や顔がほてったり、のぼせたような状態になることです。

 

局所的に大量の汗をかくようになる方もいます。

 

この症状は更年期障害の一つとしてよくみられ、40〜50代の方が多く悩んでいるといわれています。

 

この期間は急激に女性ホルモンが減少し、自律神経が乱れやすくなっています。

 

自律神経は発汗・血流・心拍などをコントロールする器官です。

 

そのため、自律神経が乱れると様々な身体の不調・発汗機能の調節がうまくいかなくなってしまいます。

 

ホットフラッシュは酷い人では顔から大量の汗をかくなど、日常生活にも弊害がでる例もあります。

 

更年期に入り脇汗の多汗などの悩みが出てきた方はホットフラッシュの可能性が高いでしょう。

 

ホットフラッシュがワキガを招く!?

脇汗の臭いを気にする更年期の女性

 

更年期の汗は、普段の汗よりもアンモニアなどのにおい成分を多く含む傾向にあります。

 

そのため「更年期に入り体臭がキツくなった」感じる方は少なくありません。

 

同時にホットフラッシュによる多汗を招くと、においの原因となるアポクリン汗腺の多い脇やデリケートゾーンは特に強いにおいを放つようになります。

 

ワキガやすそワキガの悩みを抱えている方は、更年期に備えた対策を練っておくとよいでしょう。

 

ホットフラッシュの改善法

以下ではホットフラッシュの改善法について、応急処置から長期的なものまで紹介していきます。

 

水分補給&冷却

ホットフラッシュは何の前触れもなく体がカァーと熱くなり、汗が吹き出してきます。

 

突然のことに驚くと思いますが、改善させるためにはリラックスして自律神経の乱れを和らげることが第一です。

 

ホットフラッシュが出てきたら、なるべく涼しい場所に移動して、水分補給をしながら少し休憩することをおすすめします。

 

熱中症の心配もあるため、汗をかきたくないからと水分補給を我慢するのは絶対に止めましょう。

 

体を冷やすのは血の多く流れる首の後ろや脇の下などがおすすめです。

 

漢方薬・市販薬を試す

更年期障害を抑える漢方や市販薬はドラックストアなどでも多く取り扱われています。

 

漢方薬などを検討している方は、まずは医師に相談することをおすすめします。

 

同じ更年期障害と言っても体質、症状の出方は大きく異なります。

 

自己判断で体に合わない薬を飲んでしまうと、アレルギー反応を起こすなど更に体調が悪くなる危険もあります。

 

医師に細かく体質や症状について相談し、自身に合った薬を処方してもらいましょう。

 

腹巻をする

ホットフラッシュを起こさないためには内臓を冷やさないことも肝心になります。

 

体が熱くなると薄着をしたり、冷房の効いた部屋に長時間いることが多くなると思います。

 

それが知らぬ間に内臓が冷やす原因となり、自律神経の乱れにつながる可能性もあります。

 

特にお腹の冷えは体の不調につながりやすいので、腹巻などをして内臓を冷やさないよう意識しましょう。

 

寝る前に白湯などを飲んで体を温めるのもよいでしょう。

 

良い汗をかく習慣を

体温調節がうまく働かなくなるのには、発汗機能が落ちている可能性が高いです。

 

普段から適度に運動する等して、汗をかく習慣をつけていると発汗機能が正常にもどり、ホットフラッシュの改善につなげることができます。

 

運動にはランニングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

 

なかなか運動する時間が取れない方は、半身浴やサウナで汗をかくのも良いでしょう。

 

リラックスできる環境をつくること

ホットフラッシュも含めて更年期は体調が優れずにイライラして辛いですよね。

 

そんなときは無理をせず、好きな音楽を聴いてみたり、たっぷり睡眠をとることなど、リラックスすることが肝心です。

 

眠る直前はテレビなどの明かりを少なくしたり、アロマを使ってみるなどリラックスできる環境をつくることも意識してみましょう。