脇汗対策に塩化アルミニウム!入手法や効果・副作用まとめ

カルテを持った医師

 

脇汗に悩む方へ特に効果があると考えられているのが「塩化アルミニウム」です。

 

今回はそんな塩化アルミニウムについての危険性や、効果などを紹介していきたいと思います。

 

【朗報】しっかりと脇汗を抑えるための3つの方法

 

の脇汗対策としての塩化アルミニウムの効果

塩化アルミニウムは古くから、汗を抑える薬として研究されており、一番古いものをたどると、1916年から研究されていたと記録されおり、制汗剤関係の薬剤としては一番古くから研究されていたと言われています。

 

塩化アルミニウムはまずその殺菌効果の高さが良さに挙げられ、臭いの元となる汗によって増殖してしまった菌の殺菌、予防になります。

 

また、塩化アルミニウムは、汗が出る穴である汗腺の一種である、「エクリン腺」に作用し発汗量を抑えることができます。また、塩化アルミニウムの結晶自体も汗腺を塞ぐ効果を持っていると言われ、汗を抑える効果はとても高いです。

 

塩化アルミニウムの入手方法

一般的な脇汗予防グッズは市販、通販などで容易に手に入れることができますが、塩化アルミニウムの場合それはお勧めしません。

 

塩化アルミニウム自体は容易に入手することができるのですが、個人で脇汗対策に使用しようとすると、水溶液にする必要があります。

 

水溶液にする際に難しいのが濃度管理です。医療用の塩化アルミニウム水溶液は3~20%と濃度が幅広く、その人の症状にあった濃度が存在します。

 

なので自分できっちりと濃度通りに作るのは非常に難しいです。

 

濃すぎるものを作ってしまうと、思わぬかぶれや痛みなどの副作用の原因となってしまう可能性もあります。特別な理由のない限り、医師に処方してもらうようにしましょう。

 

塩化アルミニウムの副作用

塩化アルミニウムは非常に強い殺菌効果を持っているため、思わぬ副作用をもたらすことがあります。

 

よくあげらるれる副作用が、肌のかゆみやかぶれです。これは、肌に本来必要な菌である常在菌までも殺菌してしまい、炎症を起こしてしまうために起きるものです。

 

こうした副作用を最小限に抑えるためにも自分にあった濃度のものを処方してもらうようにしましょう。

 

また、肌に異常を感じたら使用をやめ、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

塩化アルミニウムの使用法

塩化アルミニウムは水溶液として処方されます。

 

この水溶液はガーゼなどの布に染み込ませて、脇に塗布するというのが一般的な使用方法です。塗ってからすぐに効果があるわけではなく、ある程度時間をおかないと、効果がありません。

 

また、汗をかいた状態で塗ってしまうと、汗で有効成分が流れてしまうので注意が必要です。

 

なので汗をかきにくい、朝や就寝前に塗るという方が多いです。

 

塩化アルミニウムを使用するべきではない人

塩化アルミニウムは稀にアレルギー反応を起こす可能性があるので、まず少量のパッチテストを行う必要があります。パッチテストで肌に異常が見られた人は、使用を控えるようにしてください。

 

また、他の薬剤と同様に妊婦の方も塗布を控えるようにしてください。

 

他の制汗剤を使用している方も肌に負担がかかる可能性があるため、控えるようにしてください。

 

今回は塩化アルミニウムについて説明していきました。塩化アルミニウムは読んでいただくと分かる通り、非常に強力な効果を持っています。

 

そのために利用には注意をはらう必要があります。

 

初めて使用する方は、通販などで購入するよりも、医師に相談してからの処方をお勧めします。

 

医師に相談すれば同時にパッチテストも行ってくれるところがほとんどなのでもし、塩化アルミニウムが塗布できないとなっても、他の治療法を提案していただけます。

 

また処方されて、異常が発生したらすぐに塗布をやめるようにしましょう。

 

【朗報】しっかりと脇汗を抑えるための3つの方法