脇汗予防のBanは汗ジミ・黄ジミに効果なし!? 

Banを持っている

 

脇汗の汗ジミを抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。脇汗専用デオドラント製品のBanでは汗ジミに効果がなしと言われています。

 

汗ジミや黄ジミの予防方法なども紹介致します。

 

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

 

Banはどんな商品!?

Banは、脇汗対策やワキガ予防として使用されるデオドラント製品(制汗剤)です。殺菌成分のIPMPがニオイ菌を殺菌し、1日中しっかりと脇のニオイを防ぎます。

 

有効成分として、クロルヒドロキシアルミニウムやイソプロピルメチルフェノールが配合されています。香りはほのかに香る自然の香りといった感じです。

 

BAN汗ブロックロールオンは、制汗剤の中でもワキ汗や汗ジミに特化した商品として人気になっています。

 

Banのシリーズにはいくつかの製品タイプがあります。その中でも脇にぬって匂いが防止ができるものには、パウダースプレーとブロックロールオン、集中予防シリーズがあります。

 

また、パウダースプレーのものやニオイブロックロールオン、汗ブロックロールオン、デオドラントロールオン、薬用デオドラントスティックなどのタイプの商品が販売されています。

 

脇汗予防のBanは汗ジミの効果なし!?

脇汗予防に使用されるBanは汗ジミにも効果があると言えます。

 

配合されている耐水皮膜成分が肌にしっかり密着してナノイオン制汗成分が汗の出口に蓋をします。

 

そのことで、汗ジミや匂いの原因となる脇汗が出る前にしっかり抑えます。

 

効果・効能部分では制汗が最初に書かれており、汗を抑えることに特化したデオドラント製品と言えるかもしれません。

 

特に、BAN汗ブロックロールオンはワキ汗だけでなく汗ジミにも特化した商品なので、Banは汗ジミにも効果があると思います。

 

脇汗対策をされている方にBanは口コミや体験談などでも評判の良い商品です。

 

汗ジミだけでなく、ワキガに悩まれている方へのおすすめの商品です。

 

脇の汗ジミが黄ばむのは何故!?

脇の汗ジミが黄ばむ原因は、リポフスチンという皮脂汚れを起こす黄ばみ成分がアポクリン腺と言われる皮脂腺から脇汗と一緒に出ることにあります。

 

脇汗は通常の汗の出るエクリン腺とは違い、アポクリン腺から脂肪やたんぱく質を含む粘り気のある汗として分泌されます。

 

色素沈着や皮脂の剥がれ落ちなども原因になっています。

 

脇汗の汗ジミを落とす方法!?

衣類についてしまった脇汗を落とす方法には、皮脂分解酵素入り洗濯洗剤 を使う方法があります。

 

界面活性剤に含まれている皮脂分解酵素が皮脂汚れを落としてくれます。

 

界面活性剤は、浸透作用と油の粒子を取り込み水の中に放出する乳化作用、汚れを外に引き出す分散作用、汚れが再び付着するのを防ぐ再付着防止作用の4つの作用があります。

 

これらの作用により、衣類についた汗ジミを落としやすくなります。

 

また、汗ジミの黄ばみの原因となる皮脂の汚れを落とす効果のあるものとして、メイク落としクレンジングや洗顔フォーム、シャンプー、食器洗い洗剤などがあります。

 

自宅で使用しているこれらのもので、試すのも良いと思います。

 

脇汗の汗ジミの黄ばみを改善するには!?

脇汗の汗ジミの黄ばみを改善するには、重曹を使用して脇を念入りに洗う方法もあります。

 

汗ジミの黄ばみの原因には、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる成分にあります。

 

皮脂などが分泌されることでも黄ばみになるため、脇を念入りに洗うことも改善に効果があります。

 

重曹は研磨作用を持っているため、落ちにくい角質や皮脂などの汚れもしっかりと落とすことが出来ます。

 

また、湯船に重曹を入れて重曹風呂にして入っても良いかもしれません。

 

まとめ

これらのことから、脇汗専用のデオドラント製品Banは汗ジミにも効果があると言えるのではないでしょうか。脇汗の汗ジミを抑えるには制汗作用のあるデオドラント製品を使用し、汗を抑えることが大事です。

 

また、制汗剤の使用だけでなく、食生活やストレスの緩和、代謝の促進など体の内面から汗の匂いなどを予防する必要もあります。

 

特に、食事内容は大切でコレステロールの摂りすぎなどは脇汗にたんぱく質や皮脂が混じって分泌されることで、汗ジミや黄ばみなどの原因になります。