【朗報】しっかりと脇汗を抑えるための7つの方法

脇の下が汗ばんでいる女性

 

この記事では、脇汗を抑える方法を7つご紹介します。

 

塩化アルミニウム、ハッカ油スプレー、そして脇汗シートやインナーを用いた脇汗を抑える方法をはじめ、古典的だけど即効性がある方法まで一挙に見ていきましょう。

 

記事後半では、脇汗を抑える効果の期待できる制汗剤をランキング形式でご紹介します。
実際に使ってみて効果を比較して順位付けしたのでご参考にしてみてください。

 

1.塩化アルミニウムを用いた脇汗を抑える方法

分子構造

 

脇汗を効果的に抑える方法としては、塩化アルミニウムの使用がまず挙げられます。

 

塩化アルミニウムは、病院で医師に相談すると処方されることも多いため、脇汗対策として最も身近なアイテムです。

 

この成分は、多汗症の症状を抑えることに使用されるため、脇汗がヒドイ場合にも対処できるものとして認識されています。

 

医師による処方のみならず、現在では通販サイトでも入手可能な状況になっており、脇汗を改善させたいと考える人は購入すること良いのではないでしょうか。

 

汗背の出やすい部分に塗布するタイプの制汗剤であり、汗腺に直接働きかけるタイプの製品となっています。

 

効果も長期間持続する場合が多く、数日間塩化アルミニウムが脇汗を抑えてくれることが一般的です。

 

こまめに脇に塗る必要もなく、長時間の外出を要する場合でも効果が持続してくれるでしょう。

 

しかし、塩化アルミニウムによる金属アレルギーなどの副作用のリスクも少なからず存在します。中には、アルミニウムフリーの制汗剤を求める人もいるぐらいです。

 

ですので、アルミニウム配合の制汗剤を使用する際には、副作用のリスクがあることをしっかりと把握したうえで使用しましょう。

 

2.ハッカ油スプレーを利用した脇汗の抑制

スプレー

 

ハッカ油スプレーというアイテムを利用しても、脇汗を改善することができます。

 

ハッカ油は冷たいという感覚を皮膚に伝え、汗腺の刺激を抑えることが可能であるとされています。その作用を活用して、脇汗をピンポイントに抑制できる機能があります。

 

物理的に脇汗を抑えるというよりは、脳や皮膚に対して冷たいという錯覚を起こさせ、汗の出ない状態に至らせるという原理であると解説するとわかりやすいでしょう。

 

このハッカ油スプレーを用いた脇汗の抑制方法ですが、高温の状態下では熱中症を惹き起こす可能性があるため利用することは控えるべきとされています。

 

しかし、過度に高温でない場合には有効な脇の制汗方法のひとつであることには間違いありません。

 

実際にハッカ油のスプレーを使用してヒドイ脇汗の症状を改善したという声は少なくありません。

 

3.脇汗シートやインナーの利用

脇汗シート

 

脇汗シートや脇汗対策インナーな、汗の水分を吸収してくれるアイテムを使用するのも効果的です。

 

症状自体を改善させる効果は期待しづらいものの、脇汗による汗ジミは外見上「不快な印象」を与えてしまいます。

 

そんな出てきた脇汗をしっかりと吸収して、汗ジミを防げれば、「脇汗が出て汗ジミになっていないかな・・・」と不安になりさらに脇汗が増えてしまう、というような精神的な発汗を防ぐ間接的な効果も期待できます。

 

脇汗シートは以前より症状のある人から利用されてきていましたが、脇汗対策用のインナーも普及しています。シートを利用することに抵抗を感じる人は、このようなインナーを着用して脇汗への対策を講じることが良いのではないでしょうか。

 

インナーについては着用していても不快になることは少なく、汗をしっかりと吸収してくれるタイプのものが多くなっています。

 

そのため、脇汗シートと同じように汗を吸い取る効果は十分にあるのではないかと思います。

 

4.脇汗を止めるためには合理的なリンパ節の冷却

氷

 

リンパ節を冷やすことは、合理的に脇汗を止めることができる方法であると考えられており、こちらも裏ワザとして挙げられるでしょう。

 

早急に脇汗を止めたいと考えたり、近くに脇汗対策用の専門的なのアイテムがない状態であったりする場合には、リンパ節を冷やすことが良いと思います。

 

リンパ節には、全身の中で比較的太い血管が集中する部分になっています。

 

そのため、リンパ節を直接冷やしてあげることで、体温を下げることがスムーズに行われ、結果として脇からの発汗が止められることにも繋がります。

 

体温が高くなることで発汗が促進されることは、人間の生理的な機能のひとつであるため、その機能に働きかけるという点で合理的と認識されています。

 

脇汗が酷い際には、冷却シートや冷たい飲み物の入ったペットボトルや缶を当てると良いとされています。

 

リンパ節は、首の後ろの部分や脇、太ももの付け根などに存在しているため、そのような所を冷やすと脇汗も次第に収まってくるのではないかと思います。

 

5.気軽に実践できる手のツボを押す対処法

手のツボを押している

 

脇汗を止めようとする際に、手のツボを押さえる方法を実践する人も多いとされています。

 

この方法も、効果的に脇汗を止めることに役立つものであると考えられているため、裏ワザの一種として度々話題に挙げられます。

 

よく押されるツボとしては、合谷(ごうこく)が挙げられます。

 

手を横から見ると、親指と人差し指の各骨の接合部分があると思いますが、そこの人差し指に近いくぼみを強く押します。そうすると、発汗作用が効果的に小さくなり、脇汗を止めることにも繋がります。

 

また、後谿(こけい)というツボも脇汗を止める効果があるとされています。拳を握り、小指の付け根下り部分の突き出る部分がそれに該当します。

 

ここを反対の親指で強く押すと、脇の汗腺の活動が弱くなり、発汗量が自然と少なくなると考えられています。

 

陰げき(いんげき)のツボも、脇汗を止める際には効果的です。

 

手のひらを上に向け、小指側の手首の付け根より、指1本分程度肘寄りのところを押すと、発汗の作用が小さくなるとされています。

 

これらのツボを押すことで、脇汗を止めることができる可能性は高いと言えるでしょう。

 

6.脇汗を止めるための制汗剤を使うタイミング

脇の下に制汗剤をスプレーする

 

脇汗を止めたいと思って、制汗剤やデオドラントスプレーを使う人は非常に多いかと思います。

 

やみくもに制汗剤を脇に吹きかけても、制汗の効果が最大限に発揮されないということを知る人も、最近では少しずつ増えてきているとみられています。

 

そんな脇汗を止める際のマストアイテムである制汗剤は、利用するタイミング次第では脇汗を効果的に止めることにも繋がると考えられています。

 

脇汗に使うアイテムを工夫して利用することが、裏ワザになると言えるでしょう。

 

最も制汗剤の効果が発揮されるタイミングは、入浴後です。このタイミングで制汗剤を使うと、入浴によって菌が全くいない状態になるため、臭いが抑えられます。

 

また、汗腺の動きも入浴後は低下していくため、汗をかくという状態も軽減されると考えられています。

 

脇汗が多く出てきたタイミングで制汗剤を使うことでも、その状態を緩和させることに貢献するとされているものの、入浴後に脇汗がそれほど気にならなくてもスプレーするだけで、制汗作用が大幅に向上します。

 

7.脇汗を抑える方法ならやっぱり制汗剤に限る・・・

ポイントを示す女性

 

脇汗を抑える方法や、脇汗に対処するためのアイテムは、複数存在しているということが分かりました。

 

特に、塩化アルミニウムやハッカ油スプレーを使用して、脇汗を効果的に抑制する方法は、効果がすぐに出てくる方法として知られており、脇汗が慢性的に続いている人に効果があると思います。

 

医学的にも信頼される脇汗を抑えるための方法であるため、副作用の心配をすることなく対処していけるのではないでしょうか。

 

また、脇汗シートやインナーを着用することも、脇汗を抑える方法としてよく挙げられています。

 

これらのアイテムは、脇汗の症状にダイレクトに作用するものではありませんが、脇汗によって汗のシミができるのも抑制できます。

 

といいながらも、やっぱり脇汗対策は専用の制汗剤を使った方法が即効性があっておすすめです。

 

以下、実際に使ってみた商品を効果で比較してみました。
ランキング形式でご紹介していきます。

脇汗を抑えるクリームを厳選してランキングで5アイテムご紹介!

綺麗なわきの下の女性

 

近年、様々な脇汗を抑えるクリームが発売されています。

 

多種多様で選ぶのも一苦労ですよね。

 

どんな脇汗対策クリームを選んでよいのか迷って居る方の為に、人気の脇汗を抑えるクリームを使ってみました。

 

というのも、管理人もかなりの多汗症で脇汗が滝のような日があるからです。その上ワキガ臭までするので、人よりも悩みが深いんです・・・。

 

そんな私が、実際に制汗効果を実感出来た順にランキングして、そのおすすめの商品ごとの特徴をご紹介します。

 

CLEANEO(クリアネオ)

クリアネオ

 

脇汗・ワキガを抑えるクリームとして圧倒的人気のあるクリアネオ。 脇汗の悩みがある方なら一度は聞いたことのある商品ですね。

 

クリアネオは汗腺にフタをして汗を抑えるパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合し制汗効果があります。

 

また、クリアネオはワキガの人に特に支持されている商品です。

 

実際に使ってみると消臭効果もかなり強い印象です!

 

というのも、抗菌効果の高いイソプロピルメチルフェノールや茶カテキンの25倍もの効果を誇る渋柿エキスの配合など、消臭効果の高い成分を厳選しているためです。

 

配合させる成分は自然由来成分ばかりで、肌の弱い女性にも人気があります。

 

制汗剤のほとんどは塗るとサラサラするタイプが多いですが、クリアネオはしっとりと保湿するタイプなので塗り心地から効果が感じにくいと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、クリアネオの広告にもあるように早い人は30秒で効果を実感しています。即効性もかなり高いようです。

 

ただ、値段は5000円程度で市販の制汗剤に比べると割高です。 加えて用量30gで少ない印象ですが、少量で効果があるので一か月は持ちます。

 

肌に合わない場合は永久返金保証がついているので手軽に購入できるのも特徴です。

 

制汗効果の強い商品をお求めならまずはこちらを試してみると良いでしょう。

 

詳細はコチラ


 

NOANDE(ノアンデ)

NOANDE(ノアンデ)

 

ノアンデはワキガ菌を99.9%抗菌すると話題のクリームです。 リピート率が高いことでも有名です。

 

厚生労働省も認めるフェノールスルホン酸亜鉛で汗を食い止め制汗効果はばっちりのこと、クリアネオと同様イソプロピルメチルフェノールが配合され抗菌効果も高いです。

 

使い続けていると効果の持続も長くなり、ワキガ改善につながることも特徴です。

 

ゲルクリームをワンプッシュで簡単に塗ることができるの忙しい朝にも手軽に使用できます。 こちらも国内生産と天然成分にこだわっており、肌に優しいクリームです。

 

保湿効果が高いのも特徴で乾燥肌の方にもおすすめです。 見た目もおしゃれなので女性向け商品の印象が強いです。

 

単体購入だと8000円程ですが、定期購入では5000円程で購入可能です。

 

120日の返金保証はありますが、不安に思う方はお試しセットから検討してみると良いでしょう。

 

詳細はコチラ

 

デオプラスラボ

デオプラスラボ

 

ゼブラ柄のおしゃれな容器入ったクリームで女性に嬉しい天然成分が中心であることも特徴です。

 

効果の高さから「ワキのエステ」と謳われて女性誌でも話題になりました。

 

上二つに比べると制汗効果は少し低めですが、柿エキスとイソプロピルメチルフェノール配合でワキガ対策に有効的です。

 

クリームは無香料・無着色で伸びが良く塗り心地が良いのも特徴的です。

 

値段は定期購入で5000円程です。 100日間の返金保証付きで女性に圧倒的支持を得る有効的なワキガ対策クリームです。

 

詳細はコチラ

 

 

デトランスα

デトランスα

 

デンマークで作られたデトランスαはワキガ・脇汗に有効的なクリームです。

 

ワキガ体質の多い海外の制汗剤は制汗・デオドラントともに効果は強力といわれています。

 

汗腺にフタをして働きかける塩化アルミニウムが配合されており、制汗効果は紹介した中でもクリアネオについで2番目くらいの印象です。汗腺に働きかけるためにワキガ抑制効果も高いのでその点はおすすめです。

 

ただ、1点注意点というかデメリットがあって、使い方が特殊なんです。

 

まず塗り方として、風呂上りや寝る前に塗って朝拭き取ると少々扱いにくい商品であること、この点がデメリットです。

 

また、脇や手足などの汗の気になる部分にのみの使用になり、全身には使えません。

 

たとえば、すそわきがで悩んでいる人などは、クリアネオやノアンデ、デオプラスラボなどお肌に優しい成分中心に作られているクリームでのケアをおすすめします。

 

デトランスαは扱いづらさがあるものの、制汗・ワキガへの効果自体は抜群です。 より強い効果を期待したい方におすすめです。

 

詳細はコチラ

 

品質のいいものを

以上がランキング上位にあがる脇汗を抑えるクリームです。

 

どれも5000円程でドラッグストア等で売られる市販のものに比べると割高ですね。

 

しかし、脇汗やワキガに本気で悩まれる方にはどれも有効的なクリームです。

 

あれこれ試して悩んでいる方は、まずはこの4つを検討してみるといいでしょう。

 

管理人はクリアネオという商品を1年以上愛用しています。

 

クリアネオを手に持っている

 

いまだに重宝しています。脇汗をしっかり抑えてくれるので、それに起因するワキガ臭もしっかりと抑えることが出来ています。

 

クリアネオの詳細はコチラ